EnglishEspanol Contact Mailing List
Japan Intercultural Consulting
Home
About JIC
Services
Clients
News & Articles
Events
Blogs
English Skills
Store
Contact Us


グローバルビジネスコミュニケーションブログ

グローバルで活躍している日本人ビジネスパーソン向けのブログです。異文化コミュニケーション、ビジネス英語、グローバルビジネススキル、地域研究などのテーマを扱っています。



著者別JICブログ

以下のリストから選択してください。





コメント

本ブログはLinkedInの提供するコメント機能を利用しています。ブログについてのコメントをお寄せ頂くにはLinkedIn「Japan Intercultural Consulting」グループへの登録が必要です。LinkedInはアメリカ発のサイトなので英語主体ですが、コメントは日本語でもかまいません。皆さまからのコメントをお待ちしております。



カテゴリー別JICブログ

以下のカテゴリーから選択してください。

おすすめのウエブサイト
グローバルビジネススキル―プレゼン
グローバルビジネススキル―ライティング
グローバルビジネススキル―リーダーショップ
グローバルビジネススキル―交渉
グローバルビジネススキル―会議
グローバルビジネススキル―部下管理
グローバル人事
グローバル経営
ビジネス英語
リーダーシップに関する本の紹介
地域研究―アジア・パシフィック
地域研究―アフリカ
地域研究―インド
地域研究―ヨーロッパ
地域研究―中国
地域研究―中近東
地域研究―北アメリカ
地域研究―南アメリカ
日本に住んでいる外国人
日本文化
映画
書評
海外で暮らす
異文化コミュニケーション
英語勉強方


クールビズ
パニラ ラドリン
2014年12月16日 午前 4:19

日本のクールビズキャンペーンに関する調査レポート読んで私は少しも驚かされないのです。これは、二酸化炭素削減の為に2005年から政府の環境対策の一環として、室内温度設定の摂氏28度に達しない場合はエアコンのスイッチを入れないことを推奨しているものです。数年前の夏、丸一日続いた東京での会議中、ずっーと汗のかき通しだったことを思い出すとぞっとします。(その時に一緒に参加した私の同僚のロシェルとみさこもこの事を覚えているはずです。)とは言ってもほとんどの会社の応接室はエアコンがONで快適な状態になっていることは申し上げておきます。

根本的な改革によって得る利益が大きい事が分かっていても、実際に痛い目に遭わなければ何もしない。- 文化的に背景に違いがあってもどこでも似たような認識があるのではないでしょうか。

この6月には英国に熱波(!)があったことはご記憶だと思います。その時、英国の住宅がこのような暑い気候に適してないかすぐに気がつきました。 この時ほど、爽やかなそよ風を入れてくれ、しかも強烈な日差しを遮ってくれる日本の簾(竹製ブラインド)を私の事務所の窓に欲しいと思ったことはありません。 しっかりしたブラインド、カーテン、2重サッシ、絨毯、煉瓦、壁の埋め込み式断熱材、これらは全て、寒くて、湿った英国の冬に備えたものであり、暑い夏にはただ単に熱を家の中に閉じ込める役しか果たしません。今月私がフランスで休暇を楽しんだ時のことですが、地中海性気候の中で如何にして涼をとるか、その理にかなった生活を経験しました。木製の日よけ戸が全ての窓についていたり、タイルまたは石の床、そして分厚い石壁などを挙げることが出来ます。

日本の伝統的な住宅は、日本の暑く湿度の高い夏を想定して建てられています。例えばスライドさせて開け閉めできる木製戸などは、隙間をどれくらいにするかによって、風通しの調整ができます。モダンな日本のオフィスビルはエアコンで調整されるようにデザインされた密閉空間です。根本的なオフィスビルのデザインが変わらなければ、どんなにエアコンを点けたり消したりしても、意味がありません。もし地球温暖化が日本や英国にも急速に影響を及ぼすなら、温度調整器をいじり回すのではなく、オフィスビルのあり方そのものについて考え直すべきではないでしょうか。

*http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601101&sid=aPqVjejK.hxU レポートの全文をご覧いただけます。
,/br> 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 このシリーズは人材紹介会社のセンターピープルのご協力の上提供させて頂いております。