EnglishEspanol Contact Mailing List
Japan Intercultural Consulting
Home
About JIC
Services
Clients
News & Articles
Events
Blogs
English Skills
Store
Contact Us


ジャパン・インターカルチュラル・コンサルティングによる近日開催予定の各種セミナーおよび各イベントの詳細については該当するイベント名をクリックいただくか、または当社までご連絡ください。



外国人と上手く働く方法:異文化理解セミナー
2018年11月07日
9:30 AM - 4:00 PM
International House of Japan 5-11-16 Roppongi Minato-ku Tokyo, 106-0032
Japan


異なる価値観を理解して受け入れるマインドセットを持つ

外国人相手とのコミュニケーションに使える具体的なスキルを身に付ける

ギャップを埋めることによって、ビジネスがスムーズにいくようにする


外国人顧客、サプライヤー、パートナー、部下、など外国人との接触が増えてきているこのグローバルビジネス時代、異文化によって生じる様々な価値観を理解し外国人と上手くコミュニケーションをとるスキルは、社員としてかかせないものとなってきています。この研修では、自分の文化以外にも相手の文化を理解・尊重するために必要なことは何か、それを実際に仕事に取り入れるにはどうしたらいいかなどを様々なケーススタディを通じて実践的に学びます。

主な内容:

1.異文化理解がなぜもとめられているか

文化がどのように人の行動に影響を与えるかというのはグローバルビジネスの場では非常に重要。それと同時に、固定観念と差別を捨て去ることも大切。

2.リスク指向か、リスク回避か

リスク回避の傾向が強い日本企業が、速いスピードの変化に慣れている外国人にどのように説明し、またどのように海外市場のペースに合わせるかを探る。

3.コミュニケーションにおける言語への依存度

阿吽の呼吸、以心伝心、など空気を読むスタイルの日本人のコミュニケーションは外国人にとってわかりづらいため、その誤解を避ける方法を学ぶ。

4.問題解決方法と衝突に関する考え方

多くの外国では問題が生じたときにオープンで対立を厭わないスタイルを好むが、日本はそうではない。ここではその外国人の問題解決方法を見ていく。

5.意思決定方法に関して上司に期待されるもの

グローバルなビジネスの現場では、リーダーはコンセンサスを重視する日本式アプローチとは違った明確な指示の出し方が求められる。

6.役割の明確度とチームワークに関する考え方

積極的行動が期待される日本と違い職務範囲が厳格に規定されている国も多数存在するため、ここでは異文化間でチームワークを上手く作る方法を探る。



言語:このセミナーを完全に日本語で行います。



講師:ロッシェル・カップ

ジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社創立者兼社長。異文化コミュニケ−ションとグローバルビジネスを専門とする経営コンサルタントとして、日本の多国籍企業の海外進出とグローバル人材育成を支援している。イェ−ル大学歴史学部卒業、シガゴ大学経営学院卒業。日系大手金融機関の東京本社における職務経験を持つ。日本語が堪能で、朝日新聞globeを含めて日本の出版物に多数のコラムを連載している。『反省しないアメリカ人をあつかう方法34』(アルク)や『新ビジネスミーティングの英語表現』(ジャパンタイムズ)をはじめ、著書は多数。現在は、日系企業の世界的事業展開、効果的な人事管理、組織開発、異文化トレーニング、チームビルディングを支援することに特に力を入れている。また、日本との関わりを持っている外資系企業に対しても頻繁にサービスを提供している。


申し込みはこちら
送金での支払いをご希望する方、kazutaka.yamamoto@japanintercultural.comまでご連絡下さい。



› 一覧へ戻る

イベントについてのご質問・詳細はEメールでお問い合わせください。